任意売却を知った背景

任意売却を知った背景

リーマンショックの後の雇用不安のなか、なんとか住宅ローンだけは支払ってきました。ですが、給与がカットされ始め、最近では固定資産の支払いにも怯える状態が続いていました。 月々の返済はどうにかなっていたものの、年に2回あるボーナス払いが家計を直撃しました。 ボーナスがある事を前提に設定した金額でしたし、この設定のお陰で、月々の返済も抑えられてはいるのですが・・。 いっそ、売却して楽になりたい、と不動産会社に査定をしてもらって愕然としました。 資産価値がかなり下がっていたのです。売るに売れないうえ、競売にでもなったら、ご近所に知れてしまう・・とパニックになりそうでした。 その時に任意売却の事を知ったのです。任意売却は競売より高く売れると 兄が言っていたのを思いだしたので、調べてみました。 任意売却と競売の違いは、手続きだけでなく精神的負担も、売却価格も違ってくる様でした。 競売が強制的な法執行手続きなのに対し、任意売却は自分の意思でできる事、競売が近所に知れわたるのに対し、任意売却はそうでない事などがわかったのです。

任意売却なら家を失わずに済む可能性も

住宅ローンを返済できず、家が競売にかけられてしまうかもしれない!そんな時、競売にかけられる前に任意売却を行えば、必ずとは言えませんが家を失うことを避けられる可能性があります。 具体的な方法の1つとして、家を親族に任意売却をするという手段があります。 しかしこの方法の場合、親族に売るからといって安い値段にすることは危険です。債権者側の立場としては、売却の値段が高いほど債権を多く払ってもらえるからです。そのため回収できる金額が低くなることを警戒して、親族に任意売却を行うことを許可しないケースが多いです。 任意売却先を親族でなく、協力してくれる不動産業者にする方法もあります。その後に再び買い取ることができれば再び自分の家になるのです。 このように任意売却は、競売より高く売却できる以外にもメリットがあるのです。

■ 東京都下の不動産情報
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar