任意売却における費用について

任意売却における費用について

競売よりも高い金額で売ることができるなどメリットの多い任意売却ですが、費用についてはどうなっているのだろうと疑問に思う人も多いでしょう。 もしも任意売却に多額の費用がかかるのであれば、住宅ローンの返済が滞っている状況で支払えるはずがないと、絶望的な気分になってしまう人もいるかもしれません。 しかし、そういった心配はいりません。 任意売却における費用を依頼者側が自力で捻出する必要はないのです。 では、一体、どこから費用が出ているのかというと、任意売却によって得られた売却金の中から支払うことになります。 また、任意売却では、費用がかからないどころか、債権者との交渉次第では、引越し費用を用意してもらえることもあります。 以上のように、費用面での心配は不要ですから、気軽に任意売却業者に依頼をしてみてください。

 

任意売却ができないようなことがあるのでしょうか

任意売却の場合には、任意売却ができないようなことがあるのでしょうか? 任意売却ができないような場合も、残念ですがあります。 理由はさまざまですが、その一部をご紹介しましょう。 しかし、ご紹介する事例に当てはまるため、任意売却は絶対にできないというものではありません。 まず、任意売却の場合には、物件が売却できないのではどうしようもありません。 任意売却ができない例としては、市街化調整区域内の農地や接道のない敷地、買戻し特約のような法的に制約のある物件が該当します。 建築基準法に違反するような任意売却の物件でも売買は可能ですが、原則として銀行は違反物件に対しては住宅ローンを認めていません。 その場合には、高い金利のノンバンクや現金などを使う必要があるため、違反物件を購入する人は限られてきます。

 

■ 東京都下の不動産情報
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar