任意売却をした方がいい人とは

任意売却をした方がいい人とは

任意売却というのは、自分の家を競売だと安く買いたたかれてしまうために、自分から任意売却として業者に依頼して売却をし、借金返済の足しにするというものです。この任意売却は、どのような人が行った方が良いかと言いますと、住宅ローンの返済が厳しい人です。住宅ローンを予定では順調に返済していくはずでしたが、このご時世ですから給料が減らされてしまい、住宅ローンの返済が難しいということになりますと、催促状などが金融会社から届いてしまって、それも無視して滞納してしまいますと自分の住宅が差し押さえられて、競売にかけられてしまいます。 これは最悪のケースですから、住宅ローンの返済が難しい状況になった人は、自己破産や消費者金融などからお金を借りることはせずに任意売却をするようにしましょう。任意売却をすることで住宅ローンの返済を楽にすることができます。

 

任意売却は、債権者債務者の双方に利点があります

住宅ローンの返済が、滞るとお金を貸している人は、抵当物件を処分して債権の回収を行います。処分されるのは、住宅ローンですと、住んでいる家です。処分方法は、差し押さえと競売です。競売の場合、対象物件に人が居住している場合は、入札ゼロという場合もあります。また、1年以上、必要なケースも多々あります。 それよりも、債務者に支払いの意思があるなら、任意売却という方法により、債務者本人に家を処分してもらい債務の充当するほうが整理までの時間も短いために、任意売却による整理件数が増加しています。任意売却のメリットは、物件を市場価格に近い値で売却できることです。競売では、入札金額は相場より大きく低いのが当たり前ですが、任意売却なら近隣相場に近い価格で売却できますので、債務をかなり減らすことができます。競売では、インターネットを通じて物件情報が公開されてしまい肩身の狭い思いをしますが、任意売却なら表面上は通常の不動産取引と変わりありませんので、世間に事情を知られてしまうことはありません。ただし、任意売却は、債権者の同意が必要ですので注意が必要です。

 

■ 東京都下の不動産情報
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar