不動産売却方法−買取−の基礎知識

不動産売却方法−買取−の基礎知識

お手持ちの不動産を売却する場合、仲介と買取から売却方法を選択することになります。仲介は、不動産会社に売却をしてもらい所定の手数料を支払うシステムです。一方の買取とはどのようなシステムでしょうか。

不動産の買取は、文字通り不動産会社に物件を買い取ってもらいます。仲介のように購入者が見つからなくても売却が可能なので非常にお手軽です。不動産会社への直接売却になるので手数料もかかりません。

買取のメリットは、すぐに売却が出来ると言う点にあります。購入者が現れなくても売却できると言う点が仲介との大きな違いでしょう。デメリットは、仲介に比べて価格が安くなりやすいと言う点です。この点も考慮しながら売却方法を選ぶとよいでしょう。

競売不動産の特徴について

不動産の中では、競売不動産というものがあります。これは、民事執行法に基づき、裁判所が公的に売却を実施している不動産のことをいいます。これは、もともとの不動産の持ち主であった人から、抵当権をもっている債権者が不動産を裁判所に売却し、その代金を借金の埋め合わせに充て、金融機関などが直接売却する手間がなく、裁判所に競売を任せた不動産のことをいいます。

この競売不動産を購入しようとする場合、上記の民事執行法をはじめ、民法や建物区分所有法などの十分な知識がないと取得や所有を行う際に不都合が生じる場合があります

。占有者からの引き渡しに関する知識なども持っておくべきであるといえます。しかし、それを熟知していれば、市価より安く不動産を入手することはできます。

■ 東京都下
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar