不動産オーナーの値下げの決断

不動産オーナーの値下げの決断

不動産オーナーとしては、賃料はできるだけ高くしておきたいものです。けれど、いつも高い値段を付けて不動産を貸し出しできるわけではありません。というのも、空室が続いてしまうと、収益という点でも大変なマイナスになってしまうからです。

また、空室のある不動産というのは、どうしてもその印象も悪くなります。そうなると、不動産としての価値自体がどんどん落ちてしまうでしょう。そうなると、できるだけ早く空室を埋めたいと思うのが、不動産オーナーの切実な思いとなります。

そのため、思い切って賃料の値下げに踏み切る不動産オーナーも増えているようです。こういった値下げは、特に不景気のときに増えますので、こういったタイミングを見計らってオフィスの引越を検討するテナントもいるようです。

 

不動産業界のしごと

就職活動などで、不動産業界ではたらきたいと思う人もいるでしょう。

不動産で働く、というと、いわゆる地元の不動産屋さん、マンションやアパートの賃貸や売買をやる、いわゆる不動産屋さんをイメージする学生さんが多いでしょう。しかし、実際にはそれだけではありません。不動産にまつわる仕事というのは、実際に知られている以上にたくさんあります。たとえばテナントの入居の交渉をする営業的な仕事、不動産の管理会計をする仕事など、さまざまです。また、もっと現場のほうで、不動産そのものにかかわって、停電の対応だったり、故障の修理だったりを行うような、不動産管理の仕事もあります。

不動産業界の中は思う以上に広く、しごともたくさんあるのです。

中古マンションの購入には必ず必要なのが
良心的な不動産屋さん。
中古マンションの購入なら
さくらエステートがオススメです。

■ 東京23区内
       
       
       
       
       
       

 

Calendar